間違いと正しい方法 - 久保田式【多汗症改善7日間プログラム】解説ホームページ

サイトマップ

久保田式【多汗症改善7日間プログラム】では、制汗剤や病院でも治らなかった多汗症がわずか三日で治る特別な方法を公開しています。

間違いと正しい方法 - 多汗症改善7日間プログラム

多汗症を根本的に治すのはなぜ難しいのか?

本題に入る前に、多汗症の根本解決についてご説明します。

唐突ですが…

あなたは今までどんな多汗症改善方法を試しましたか?

市販されている本や雑誌を読んで実践したり、制汗剤・デオドラント剤とかを試してみませんでしたか?

でも、結果的にほとんど効果はありませんでしたよね。効果があったらこのサイトは見ていないと思います。

まず、1番重要なのは根本的に改善できるかです!

前にも話しましたが、私自信、あらゆる多汗症改善に結びつくと考えられる多汗症改善方法をたくさん試してきました。

本や雑誌もたくさん読みましたし、病院にも専門医にも診てもらいました。これで、多汗症が治ってしまう場合もあると思います。それはそれでうれしい限りですが、なかなかうまくはいきません。

間違った多汗症改善方法では逆に、多汗症を悪化させてしまったり体にダメージを残してしまう可能性もあります。

間違った改善方法を、これ以上やってはいけません。今回は、もっとも多い、間違った多汗症改善方法を、3つの間違いとしてご紹介します。

もう間違った、多汗症改善方法をしないでください。

間違った3つの多汗症改善とは?

チェックマーク画像 間違いその1:とにかく水分をとらないようにする

汗が出ないようにと水分を控えいるかたも多いです。水分をおさえれば汗が出なくなるわけではありません。夏場の場合などは、水分の摂取を控えすぎてしまうと体内に老廃物が溜まって体調不良になってしまったりするので、過度の水分摂取を控えることはやめたほうが良いのです。

チェックマーク画像 間違いその2:制汗剤・デオドラントスプレーを使いまくる

とにかく上からふたをしてしまおう作戦がこれにあたります。どんなに制汗剤やデオドラントスプレーを使ってみても、単なる一時しのぎでしかなく使い過ぎは皮膚の炎症などを起こします。根本的な原因からの多汗症改善が重要です。

チェックマーク画像 間違いその3:手術・注射を行ってしまう

市販されているものではなかなか多汗症を改善できないので、病院に行かれる方は結構いらっしゃると思います。ですが、内視鏡外科手術には副作用があったり、ボトックス注射でだるさや気分が悪くなることもあります。体の一部分の汗をおさえると、他の部分の汗が多くなったりするので、ほとんど意味がない場合が多いのが残念です。

 

いかがですか?

もしかしたら、これらの方法を実践したことがある方も多いかもしれません。

多汗症を根本原因から解決を望んでいるかたが、1つはやったことのある方法なので仕方がないと思います。

このような多汗症改善は
まったく意味がありません!

もし、今、行っているのであればすぐにやめてください。多汗症改善どころか大変なことになってしまいます。

これは大げさではなくて真実です!

間違った方法をやり続けてることが、多汗症を改善できない1番の原因となっているのです。このような方法を、もしされているのであればすぐにやめてください!

一時しのぎが多汗をひどくさせることを知ってください。根本的な原因解決にこだわることが重要なのです。間違った方法に振りまわされるのは、これでおしまいです。

 

では、根拠ない多汗症改善方法や体への危険性を理解したところで、次は正しい多汗症改善方法をお伝えします。

これから紹介する多汗改善術は、まさに盲点を突いた解決方法と言ったところです。ほとんどのかたが、数日〜1週間程度で多汗症を根本原因から解決させています。

本当に正しい多汗症改善方法とは?

ご自分がどのようなタイプにあてはまるかを確認してください。自分のタイプをきちんと知ることが重要です。

人それぞれ個人差があるように、タイプが違ければ解決方法も違います。1つの方法ですべての人を解決することは本来できないことなのです。

大きく3つのタイプに分けられます。まずあなたのタイプを見極めましょう。

チェックマーク画像 その1:気にしすぎ多汗タイプ

汗が通常の方よりも多いのですが、気にしすぎというケースも確かにあります。冬場でも靴の中がびっしょりになってしまったりタオルがかかせない場合には、多汗症改善の対処が必要となってきますが、そこまでひどくないという方は気にしすぎの可能性があります。ただ、ご本人が多汗で気になるようでしたら改善されることをおすすめしています。

チェックマーク画像 その2:内臓が原因の多汗タイプ

どこかの内臓が弱っていると多汗症になる場合があります。多汗症が体からのメッセージになっているわけです。個人差があり様々なケースがあるので、単純にどこが弱っているのか?は、症状からみて原因点を見つけ出さないとわかりません。この内臓が原因タイプは場合によっては緊急の対処が必要となる場合があります。

チェックマーク画像 その3:交感神経が原因の多汗タイプ

多汗のほかに、頭痛やめまいといった症状がある場合があります。その場合のほとんどのケースが交感神経が原因タイプにあてはまります。だるさや疲労感を強く感じるかたもこのケースにあてはまり、長年によって蓄積された疲れ・疲労からくる場合が多いです。ストレスを強く感じたり、不規則な生活が原因で多汗がおこるケースもあります。

 

さて、タイプが分かったところで、その原因を探りましょう。

原因が分からなくては対策のしようがありません。問題や原因が分かれば解決したようなものです。

タイプごとの主な多汗症の原因はこちらです。

チェックマーク画像 その1:気にしすぎ型タイプの原因点

ご自分で気にしすぎと納得できれば問題はありませんが、多汗症で生活に支障が出ている場合などは改善が必要となってきます。まずは、リラックスできる環境を見つけて気分転換をしてみてください。どうしても多汗症が気になるようでしたらチェックリスト等を使って多汗症レベルを測ってみるといいかもしれません。

チェックマーク画像 その2:内臓型多汗タイプの原因点

自覚症状として、体のどこかに痛みや重さを感じている場合には、すぐに病院へいかれることをおすすめします。特に自覚症状が無い場合には生活改善等で治るケースも多いです。ストレッチ体操を続けることによって多汗症が改善されたケースもあります。ですが、何度も言うように原因点をきちんと見つけ出して、根本的な原因から改善されることが1番の近道です。

チェックマーク画像 その3:交感神経型多汗タイプの原因点

ほとんどは、疲れ・ストレスが原因で多汗症が発症している可能性が高く、自律神経やリンパ節が弱っている可能がありますので、最初に神経系統のみだれを回復させてから多汗症改善を行わなくてはいけません。この交感神経型多汗タイプはいきなり多汗症改善をはじめてもほとんど効果がなく、自律神経やリンパ節のバランスを回復することからはじめる必要があります。

 

さて、あなたの原因がわかりましたか?

中間に位置する方は、ふたつの原因がからみあっていますので複雑に見えますが、ひとつひとつ対処すれば問題ありません。

多汗症にはさまざまな原因が考えられますが、多く起きている症状を参考にされると良いと思います。いよいよ多汗症解決までの真実に迫ります!

タイプチェックであなたの多汗症の原因と対策がわかりましたね。

言いたいことはわかったけれど本当に自分でできるのか?
多汗症を治すのは難しいのではないか?

と、思われたかもしれませんね。

この多汗症改善術に難しいことは何一つありません。

わずか4ステップでOKなんです!


>> 多汗症改善7日間プログラムの詳細はこちらをクリック!

久保田式多汗症改善7日プログラム - 価格キャッシュバック
多汗症が治った男女達の画像